水を飲む!カンタンですがちょっとの差が大きな差。

こんにちわ。

自分の未来、そして次世代の未来に必要なカラダの作り方

美活習慣&妊活習慣をお伝えする健幸styleアドバイザーの

さかもと ちかこです。

 

輝く女性は、

ステキな習慣を持っています。

どんな凄い習慣なのか!!!

私は凄く興味がありましたが…

実はとってもカンタンなものばかりです。

その中の1つは

水をしっかりと飲む(最低2L)

カンタンですよね。

秘密があるのは…

どんな水を飲むのかということです。

 

私がコンサルティングをする初めに良く聞くのは

「お茶とかいっぱい飲んでいるから大丈夫です」

「野菜ジュースとか健康的な物飲んでます」

水と水分を混合している方が多いですが、

水と水分は違います。

水分…お茶、コーヒー、ジュースは水+栄養です。

水と栄養に分けなくてはならないのでカラダに負担がかかります。

そして、カラダの濃度も濃くなるので水とは違います。

 

もう一度、基。

水を飲む

水と一言に言ってもいろんな水があります。

よくあるのは煮沸した水。

これは塩素を飛ばすと言われていますが、

トリハロメタンという発がん性物質は水が沸騰した状態だと非常に多くなってしましますのでカラダにとっては負担になってしまします。

 

ペットボトルの水を飲む方も多いですが、

ペットボトルの水…良く見ると賞味期限は約2年です。

2年も常温で持つ水ってどう思いますか?

私は2年持つという保証があるということはそれなりの処理がされていると思います。

 結論…私は浄水器をつける。

というのが、水のいい習慣を持った方の共通点です。

浄水器もいろいろありますが、

本当に気をつけている人は何をどれだけ取っているかデータをきちんと見て判断しています。

浄水器ですから、

水をきれいにしてるかどうかが1番の勝負です。

データがきっちり出してる事は必須です。

ちなみにNSFの国際基準を通っていれば間違いなく大丈夫です。

根拠のあるいい水を2L飲む

小さな違いですが、

積み重ねていくと大きな差になりますよ。

 

 

 

夢を叶えるカラダとココロの作り方
お名前(姓)  *
 (例)山田
お名前(名)  *
 (例)太郎
Eメール  *

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>