月別アーカイブ: 2013年9月

脚力=妊娠力!?

こんにちわ。

自分の未来、そして次世代の未来に必要なカラダの作り方

美活習慣&妊活習慣をお伝えしている健幸styleアドバイザーの

さかもとチカコです。

th

最近気になっている事。

「脚」です。

脚は喋りませんが、いろんな事を語ってくれます。

脚の形をみるだけで、

さらに立ち姿、歩き方を見るだけで

私はどこの関節がよろしくないか、

どの辺りの筋肉がバランスがよろしくないのか、

そして、将来多分こうなる…

が大体分かります。

理学療法士というお仕事を10年以上もやっていると

職業病ですね…気になる人はついつい分析しちゃいます。

あ〜こうしたらいいのに〜!!!と

心の中で叫びます(笑)

ここ最近は特に、20代、30代の女性の脚を見ると

次の世代の子供達の未来も考えてしまいます。

なぜ、若い女性の脚を見て未来の子供の事を心配するのか?

なんか、繋がってなさそうですよね?

実は、

下肢の筋力と卵巣機能はとっても関係が深いんです。

下肢の筋力が高い人は卵巣機能も高いというデータがあります。

つまり、

脚の状態は子供を産む機能に影響しているってことです!

なんで??

と声が聞こえそうですね。

脚と骨盤は繋がっています。

脚が土台になってその上に骨盤が乗っかっている感じです。

土台である脚の状態が良くないということは骨盤の状態もよろしくないです。

ちなみに卵巣は骨盤の様々な靭帯と連結して、骨盤の中で浮いている状態になっています。

ということは…

骨盤の状態が良くないと卵巣の状態もよろしくない状態です。

どこかで靭帯の張り具合によって卵巣の位置が変わると

卵巣や卵管などがねじれてしまったりするんです。

さらに、

筋量が多い人は卵巣機能を示す女性ホルモンの

値が良い傾向にあるというデータもあり、

筋肉はホルモンにも関係あるんですね。

 

これを聞くと

じゃあ、骨盤矯正すればいいですよね!

筋トレしたらいいですよね!

とよく言われますが、正直そう簡単なことではありません。

歪みを治したとしても、

筋力のアンバランスは治りません。

関節の動きを改善させつつ、

それを維持させる筋力トレーニングが必要です。

地面と着いてる足、脚と骨盤、骨盤の体幹、体幹と上肢、体幹と頭部

全体的なバランスと全体的な筋力トレーニングが必要です。

もちろん、筋肉をバランス良くつける食事も必要です。

そして、筋が働きやすくなる準備も必要です。

 

昔に比べて、運動する機会が少なくなり、

ヒールの高い靴を履くようになった女性。

女性のカラダが昔と比べて大幅に変化しています。

事は重大です。

 

スポーツジムに通っているよ!と言う人も多くいますが、

今、スポーツジムのトレーナーもジムの経営状況により、

ちゃんとした専門家が少ない状況です。

ピラティスなども流行っていますが、グループレッスンが主なところが多いですよね。

本来は個人のクセなども踏まえて1対1でやる必要があるものなのに…と思ってしまいます。

かといってマンツーマンでトレーナーをしっかりつけるとなると2〜数十万円しますよね。

 

将来の自分、そして、未来の子供のために

カラダの総合的なメンテナンスが本当に必要!!って

切に思う今日この頃です。

子供を産む機能に影響があるとはまだまだ周知されていないのが

本当に悲しいです。

 

私がやっているほっそり脚&バストヒップアップセミナーでは

もちろん、見た目も変わりますが、

それ以上にこれをきっかけに

自分のカラダに向き合い、

子供を産みやすいカラダになるようにポジティブに取り組む女性が増えてほしいな!

という想いがあります。

こんな想いものせて

また、バージョンアップしてほっそり脚&ヒップバストアップセミナー開催しますよ。

詳細はこちら